リースバックと通常の不動産売却の違い|迷ったときの比較ポイント

不動産の売買契約

不動産を売却してお金を得ようとした場合、通常の不動産売却とリースバックがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、どちらにするか迷っている人に向けて、リースバックと不動産売却の違い、比較ポイントについて解説します。

借金ではない資金調達、リースバックって?

リースバックとは?

リースバックと不動産売却(仲介・買取)の特徴

リースバックや不動産仲介、不動産買取といった不動産売却の方法について、特徴を解説します。

仲介による不動産売却(不動産仲介)

一般的に不動産売却といえば、不動産会社が売主と買主を仲介することを指します。

仲介による不動産売却

仲介による不動産売却

不動産仲介による不動産売却は、不動産を手放したい買主と契約を交わした不動産会社が買主となる第三者を見つけて売買を成立させる方法です。不動産売買を仲介する不動産会社は、物件の写真を撮影したり、ネットサイトに情報を掲載したり、さまざまな方法を使って購入希望者を集めます。

不動産の売却金額は、周辺にある類似物件の取引事例などを参考にして算出されます。「このくらいの価格なら買ってもらえそう」というギリギリの高値を設定することも可能で、ほかの売却方法よりも高値で売れやすい傾向があります

ただし、買主が見つかるまで時間がかかることが多く、なかなか見つからない場合は値下げの必要もあります。また購入希望者に物件を見てもらう内見の手間などもかかるため、時間に余裕のない人には選びにくい売却方法です。

直接買取による不動産売却(不動産買取)

直接買取による不動産売却は、売主の不動産を不動産会社が買い取る方法で、不動産買取といいます。この不動産売却も不動産仲介と同じように一般的な方法で、よく行われています。

直接買取による不動産売却

直接買取による不動産売却

不動産会社は買い取った不動産に付加価値をつけたり建物を壊して更地にしたりして第三者に売却して利益を上げます。不動産会社がリスクを負う売却方法のため、不動産買取では売却金額が不動産仲介よりも安くなる傾向があります。

ただし不動産会社と合意すれば取引が成立するため、現金化までのスピードが早いというメリットがあります。また、不動産仲介では査定金額で売却できないことがありますが、不動産買取では査定金額=売却金額です。一括査定サイトを利用してまとめて査定を依頼すれば、一番高く買ってくれる不動産会社を選ぶことができます。

リースバックによる不動産売却

リースバックとは、不動産を売却したリースバック会社と賃貸借契約を交わし、売却した不動産にそのまま住むことができるサービスのことです。不動産買取と賃貸借契約をまとめて行う売却方法です。

リースバックによる不動産売却

リースバックによる不動産売却

リースバックでは売却した不動産をすぐに賃貸物件として貸し出すため、「投資用物件」として査定を受けることになります。そのため不動産買取と同時に査定を受けたとしても、リースバックと不動産買取では異なる査定金額が提示されます。

リースバックと不動産買取で、どちらの査定金額が高くなるのかは明言できません。査定を行う不動産会社やリースバック会社によって査定金額が異なりますので、まずは複数の会社に査定を依頼して金額を提示してもらいましょう。

ちなみにリースバックは、買取だけでなく、仲介で不動産を売却することもあります。その場合も査定金額に違いが出ます。

リースバック、仲介、買取を選ぶポイントは?

不動産を売却するときに、抑えておくべきポイントを整理しましょう。

売却にかかるスピード

不動産の現金化にかかるスピードは重要なポイントです。リースバックと不動産買取は、買主を探す手間がかからないため、現金化までのスピードが早い売却方法です。不動産会社やリースバック会社によっては、約1週間で現金化できるケースもあり、スピードはほぼ互角です。

ただし、引越しにかかる時間を考慮すると、住んだまま売却金額を受け取れるリースバックのほうがやや有利といえます。

現金化の早さ
売却方法 現金化の早さ
不動産仲介
不動産買取
リースバック

売却金額の高さ

不動産の売却金額の高さも、チェックの欠かせないポイントです。売却金額では、不動産仲介による売却がもっとも高くなる可能性があります。不動産買取やリースバックは、会社のリスクが反映された金額になるため、どうしても不動産仲介より売却金額が低くなる傾向があります。

その代わり不動産仲介による売却は、希望金額で売れるとは限らない、売却まで時間がかかるというデメリットがあります。

売却金額の高さ
売却方法 売却金額の高さ
不動産仲介
不動産買取
リースバック

自宅への居住

リースバックは不動産を売却したあとも、賃貸借契約を交わすことでそのまま住み続けられます。一時的な資金調達のため売却して将来は自宅を買い戻したい、自宅を売却しても子どもの学区を変えたくないなど、引越しを避けたい人におすすめです。

リースバックの賃貸借契約は、2~3年までになっていることが一般的で、再契約できないこともあります。長く住み続けたい場合は、契約更新ができるリースバック会社を選びましょう。

自宅への居住
売却方法 自宅への居住
不動産仲介 ×
不動産買取 ×
リースバック

売却方法はどれがいい?

どの売却方法が適しているのかは、不動産を手放したい人の事情に大きく左右されます。

少しでも高く売りたくて時間に余裕があるのであれば不動産仲介がよいでしょうし、できるだけ早く売却したい人は不動産買取とリースバックを検討しましょう。そして、自宅にそのまま住み続けたい人であればリースバックがよいでしょう。

また一時的に資金調達をしたい人であれば、契約に買い戻しの特約をつけられるリースバックがおすすめです。

リースバックと売却で迷ったときは査定を申し込もう

不動産の売却金額は「査定をするまでわからない」のが実情です。市場の状況や物件の特徴、利用者の事情など、ケースごとに大きな違いがあるため、正確な金額には査定が必要なのです。インターネットで基本的な情報を収集したら、実際に不動産会社に査定をお願いしてみましょう。

特にリースバックは、会社によってサービス内容が異なるため、複数のリースバック会社に相談することが大切です。複数の会社と話していくうちに、自分にぴったりの選択肢が見えてくるかもしれません。

リースバックを利用する場合は、一括問い合わせを使って複数のリースバック会社に査定を依頼しましょう。一度の入力で複数のリースバック会社に査定依頼を出すことができます。


リースバック比較PROなら、あなたにピッタリの会社がみつかります!

一括問い合わせスタート

家を売って賃貸で住み続けられる!リースバックサービスを比較検討する