リースバックのデメリット。損しないために必要な正しい知識とは

デメリットイメージ

リースバックの利用を検討する段階で、急にデメリットやリスクについて気になることがあります。
ここでは、リースバックのデメリットを紹介します。デメリットを把握した上で、失敗のないリースバック活用にしましょう。

リースバックにはデメリットもある

リースバックでは、自宅を売った後も住み続けられることや将来的に買い戻すことができることがメリットです。一方で、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

デメリット①売買仲介よりも安い

リースバックの買主(不動産事業者や投資家)は、買い戻しなどの条件があるため、購入した物件を自由に扱うことができません。また、同時に賃貸借契約を交わすため、家賃滞納などのリスクも抱えます。リースバックにはこのような特徴があることから、市場価格よりも安い金額で売却することが一般的です。

デメリット②月々の支払いはある

月々の負担が減ることを強調するウェブサイトを見かけることがあります。たしかに、自宅を売却することで固定資産税など維持にかかる費用や住宅ローンの負担から解放されます。その一方で、家賃の支払いは必要です。貯蓄やまとまったお金は手に入りますが、支出がなくなるわけではないということを再確認しておくといいでしょう。

デメリット③住宅ローン残債に左右される

住宅ローンの返済が苦しいときに、リースバック利用は有効な解決策となります。

しかし、売却代金やそれに自己資金を足して、住宅ローンを完済することができなければ自宅を売却することはできません。リースバックでも同様です。つまり、住宅ローンの残債が多く残っている方は、リースバックを利用できない可能性があるということです。

売却できた場合でも、住宅ローンの残債が多ければ売却代金と相殺されて、ほとんど手元にお金が残らない可能性があります。

関連記事:
住宅ローンが払えない場合の、競売のリスクと「リースバック」という解決策

デメリット④買い戻すためには余裕が必要

リースバックでは、売却時よりも高い金額で買い戻すことになります。そのため、買い戻すつもりでリースバックを利用するなら、将来資金的に余裕がでてくる見通しがあるのか確認が必要です。買戻金額については、事前にリースバック業者と話をしておきましょう。

会社によって条件が違うリースバック。一括問い合わせで比較をしましょう!

一括問い合わせスタート

リースバックで損をしないための活用方法

リースバックで損をしないために、押さえておくべきポイントを紹介します。あわせて、リースバックをうまく活用するための方法についてもみていきましょう。

物件価値を理解する

まずは物件がいくらで売れるのか、事前に知っておく必要があります。市場価格よりも安くなるとはいえ、金額感を知らなければ、悪質な業者に買い叩かれてしまう可能性さえあります。

相場観を掴むためにおすすめなのが、複数のリースバック会社の査定結果を比較することです。複数社の査定結果が近ければ、それが相場といえます。一方で、極端に金額が違う会社があれば、それは相場を無視した査定をしている可能性があります。会社によって、買取金額は数百万円ちがうこともあるので、確認はしっかりした方がいいでしょう。

関連記事:
リースバックの業者比較を簡単にする方法と、おすすめ会社の特徴

契約を確認する

売却時の契約内容はチェックしておくべきです。

リースバックを利用したあと賃貸で住み続けるのなら、賃貸借契約の内容が重要です。賃貸借契約には、普通借家契約と定期借家契約があります。普通借家契約は、契約更新の意思を示すことで簡単に住み続けることができますが、定期借家契約では決められた期間を過ぎると再度契約をする必要があります。

また、将来的に物件を買い戻す予定があるのなら、買い戻しの契約についても本当に買い戻しができる契約になっているのか確認しておきたいところです。

関連記事:
いつまで住める?リースバックの居住可能期間と賃貸借契約

リースバックで損をしないためには比較が大切

リースバックはまだまだ新しいサービスで、制度の整備もこれから、という面があります。そんな中で損をせずに利用するなら、複数の会社を比較することが大切です。

手間をかけずにリースバック業者を比較するなら、リースバック比較プロがおすすめです。物件やご自身の情報を入力するだけで、まとめて複数のリースバック業者に査定を依頼できるため、面倒なことはありません。査定結果をみて、リースバックの利用をやめることもできるので、まずは利用してみてはいかがでしょうか。

リースバック提供会社への一括問い合わせで、条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート