マンションでもリースバックはできる?審査は物件種別でどれくらい違うのか

マンションの査定

所有している住宅を売却したあとも住み続けることができるリースバック。自宅から退去せずにまとまった資金が得られる手段として、近年注目を浴びています。

そんなリースバックですが、利用例などをみてみると、一戸建て住宅のみを対象としているように書かれていることがあります。実際のところ、マンションでリースバックを利用することは難しいのでしょうか。

今回は、マンションの場合におけるリースバック活用について考えてみましょう。
 

まずはリースバックについて理解しましょう!

リースバックとは?

リースバックはマンションでも利用できる?

所有物件の種別がマンションでも、リースバックを利用することは可能なのでしょうか。

リースバックについてわかりやすく解説

リースバックは、所有する住宅を、リースバックを取り扱う専門の事業者(以下、リースバック事業者)に売却し、それ以降、家賃(リース料と呼ばれることもあります。)を払うことで住宅に住み続けることができるという契約です。

住宅の所有者は、自宅に住んだまま、一時的にまとまった資金を手にすることができます。借金ではないため、手にした資金は返済する必要がありません。

マンション利用不可としている会社も?

多くの不動産会社は、ホームページ上に「マンション利用不可」とは記載していません。しかし、実際に問い合わせを受けるリースバック事業者によると、マンションのリースバックには以下のような特徴があるようです。

  • 地域や会社によってマンション扱わない場合がある
  • 土地付き建物のリースバックに力を入れている事業者はマンションを厳しめに審査することがある
  • 新規参入の事業者や、事業規模の小さい事業者はマンション不可としている可能性がある

目に見える形で利用不可でなくとも、お問い合わせしたらお断りをされることがある点を、まずは押さえておくとよいでしょう。

なお、リースバックに似た「リバースモーゲージ(自宅を担保に融資を受ける制度)」については、原則マンション対応が不可です。詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

リバースモーゲージはマンションだと無理?適用条件と金融機関ごとの対応

査定をクリアすればマンションでも利用できる

リースバックを利用するためには、リースバック事業者による物件査定をクリアする必要があります。逆に言えば、査定で問題がない物件であれば、マンションであっても一戸建てと同じようにリースバックを利用することができます。

ただし、査定基準や利用可能な物件種別はリースバック事業者によって異なります。マンションでリースバックを利用したいときは、まず対応可能な会社を見つけて、それから査定金額を出してもらう必要があるでしょう。

一つの事業者でリースバックをお断りされても、他の会社では対応できることも珍しくありません。

当サイトでは、複数の会社に一括でお問い合わせができるサービスをご提供しています。手間なく結果を聞くことができますので、複数の業者へ直接相談するのが面倒な方はぜひご活用ください。

所有マンションでリースバックを検討している方は、一括問い合わせで提示条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート

マンションと戸建てでどう違う?

マンションと一戸建てには違いがあることを紹介しました。

それでは、リースバック事業者からみて、マンションと一戸建てにはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

リースバック物件としてのマンションの特徴

  • 投資する価値が高い
  • 管理費や修繕積立金などのランニングコストがかかるため、投資物件としてリスクが大きい

一般的にマンションは立地が良くて人気の高いエリアで建築される傾向があります。つまり、中古市場においても需要が高く、売却しやすいという特徴があります。

リースバック事業者からみれば、リースバックを行う物件は投資対象です。そのため、リースバックの利用者が退去した後に売りに出して、すぐに買い手が付くような好条件のマンションであれば、投資する価値が高いということになります。

一方で、マンションはあらかじめ決められた管理費や修繕積立金を支払う必要があります。区分所有では取り壊しなどを自由にすることができないため、ランニングコストが高いことはリスクであると考えることもできます。

リースバック物件としての戸建ての特徴

  • 建物よりも土地の比率が高い
  • 将来的に敷地を活用しやすい

建物と違い、経年により土地の価値が下落することはありません。その点、資産の内訳として土地の比率が高い一戸建て住宅(区分所有建物以外)のほうが、マンションよりも資産価値が底堅いといえます。

また、リースバック利用者が退去した後に、建て替えたり、建物を取り壊して土地のみを売却したりすることが容易にできます

これらのことから、老朽化が進み建物自体にすでに資産価値がなかったとしても、一戸建てであればリースバックを利用できる傾向にあるのです。

物件によって違うので、まずは査定をすることが大切

もちろん、マンションと一戸建てそれぞれに特徴はあります。しかし、具体的にどのような評価が得られるかは、物件の個性によって異なります。

所有する物件の、リースバック物件としての価値を知るためには、まずはリースバック事業者の査定から始めなければなりません。査定は無料で受けることができますし、金額に納得がいかなければ見送ることもできます。まずは価値を把握するために査定依頼を出してみるとよいでしょう。

査定は無料で受けることができます!まずは査定依頼を出してリースバック物件としての価値を確かめましょう!

一括問い合わせスタート

マンションをリースバックできる会社の見つけ方

リースバック事業者にマンション対応の可否を直接問い合わせていくのは、時間も労力もかかります。ここで、簡単にリースバック対応可能な会社を見つける方法について考えてみましょう。

会社の公式サイトを確認する

マンション対応可能かどうか調べたいとき、はじめに行うのは、その会社の公式サイトを確認する方法でしょう。

リースバック事業者の公式ホームページへアクセスし、「対象物件」「活用事例」「よくある質問」などのページをチェックしていくと、マンション対応の可否に関する記載があります。

注意するべきポイントは、表向きはマンション対応可能と記載されていても、先述のように査定基準が厳しめに設定されている可能性があるということです。また、査定に出してみると著しく相場とかけ離れた査定結果が出てしまうケースや、「対応可能」と記載されているのに断られてしまうというケースも珍しくありません。

マンション利用可能なリースバック専門業者を見つけても、その一社だけに留まらず、複数社から査定を出してもらいながら比較検討していくというのが大切です。

一括問い合わせを利用する

リースバック対応可能な会社を簡単に探す方法としてもっとも簡単なのが、一括問い合わせです。

一括問い合わせを利用すれば、一回の操作で複数の業者から利用可否についての回答をまとめて得ることができます。同時にリースバックの価格査定を依頼することもできるので、複数の会社の見積もりを比較することができます。

会社によって条件が違うリースバック。一括問い合わせで比較をしましょう!

一括問い合わせスタート

家を売って賃貸で住み続けられる!リースバックサービスを比較検討する