リースバック方式とは?不動産業界におけるリースバックの意味と特徴

木でできた戸建て

不動産業界で耳にすることが増えた「リースバック方式」という言葉。大雑把にいえば、売却した資産をそのまま借りることを指します。

今回は、不動産業界におけるリースバック方式とは何かを詳しく紹介します。

リースバック方式とは

そもそもリースバック方式とは、どのような取引のことを指しているのでしょうか。

リースバック方式という言葉の意味

リースバック方式は、セール・アンド・リースバック(sale-and-leaseback)とも呼ばれます。

日本語で考えれば、「セール=売却」と「リースバック=賃貸借で元に戻る」と訳すことができます。

元々リースバック方式は企業の財務会計などで用いられる言葉で、一般的には、固定資産を売却して、リース契約をする取引のことを指しています。ここでいう固定資産については、不動産だけでなく、飛行機の取引なども対象です。

ちなみに、リース会社から中長期的に、コピー機やパソコンなどを借り入れる契約のことを「リース」と言います。このリースと混同して、リース契約が満了して資産を返却することを「リースバック」と呼ぶのは間違いなので、ご注意ください。

リースバック提供会社への一括問い合わせで、条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート

不動産リースバックの概要と考え方

不動産を対象とするリースバックは、不動産リースバックとも呼ばれます。家を売却したあとも同じところに住み続けられる取引ということで、利用者にとっては負担の少ない資金調達の手段として人気があります。ここで、不動産リースバックがどのようなものなのか確認しましょう。

不動産リースバックの仕組みは?

不動産リースバックは、「賃貸借契約付き不動産売却」のことを指します。具体的には、リースバックを提供している不動産事業者に自宅を売却し、その持ち家を賃貸借契約で借りて住み続けられるサービスです。仕組みについては、下記で詳しく説明しています。

関連記事:
持ち家を売って、借りる。リースバックの仕組みは意外と単純

リース料と家賃の違い

リースバックによって売却した自宅に賃料を支払って住み続ける場合、その賃料のことを「リース料」と呼ぶことがあります。
個人がリースバックしている場合においては同じものを指しているため、基本的には、リース料と家賃とを区別する必要はありません。

ただし、法人の場合には、プリンターなどをリースした際のリース料と家賃を意味するリース料(賃料)とは意味が異なります。区別した方がいいでしょう。

リースバックの買い戻しと買戻し特約

リースバックでは、契約次第で将来的にリースバックした自宅を買い戻すことができます。ここで押さえておきたいのは、不動産に関してはいくつかの異なる買い戻しがあることです。

2つの買い戻しについて紹介します。

ひとつは民法第579条にある「買戻しの特約」です。
売買契約と同時に買戻し特約を交わしておき、買主はすでに支払った代金や費用を売主に返すことで売買を解除するというものです。
買い戻しのタイミングや金額、期間などが法律で厳格に決められている点が大きな特徴です。

もうひとつは民法第556条にある「売買の一方の予約」です。
将来に行う売買契約について事前に合意することを指します。原則としては、契約のどちらか一方が予約完結権(意思表示すれば相手の承諾なく契約を成立させられる権利)をもちます。

契約の形は多様なので、リースバックを申し込む事業者に確認をしておくといいでしょう。

関連記事:
リースバックの買取価格はどう決まる?将来の買戻価格と金額は同じ?

不動産リースバックを利用できる会社の特徴

リースバック利用の相談をする場合は、どういった会社に依頼すればいいのでしょうか。通常の不動産会社でもいいのか、専門の事業者があるのかなど、解説します。

リース会社とは

一般的にリース会社を調べると、企業が機械設備を導入するために使う方の「リース業」を営む会社がでてきてしまいます。こちらは、不動産リースバックとは無関係なので、ご注意ください。

リースバック業者と通常の不動産会社の違い

リースバック業者と不動産会社とを明確に線引きするというよりも、リースバック事業を営む会社に不動産会社が多いという認識がいいでしょう。
なぜなら、リースバックでは不動産に関する複雑な契約が伴うため、専門的なノウハウが必要です。また、はじめに業者が家を買い取るため、まとまった資金を保有している必要もあります。このような背景から、リースバックは不動産会社によって提供されることが多いといえます。

ちなみに、資金調達という観点からクレジットカード会社がリースバックに力を入れていたり、資金繰りの解消という観点から任意売却を専門とする事業者がリースバックに力を入れているケースも見られます。運営会社によって強みが違うことがあるので、比較してみるといいでしょう。

関連記事:リースバックの業者比較を簡単にする方法と、おすすめ会社の特徴

リースバックは会社比較が大切

リースバックは、まだまだ新しい取引形態です。基本的には資金を調達するための手段なので、場合によってはお金を必要としている側が不利になってしまうこともあります。
そのような事情をふまえれば、リースバックを申し込む際は複数の会社を比較することが大切です。当サイトでは、複数のリースバック会社をカンタンに比較できるサービスをご提供しています。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

一括問い合わせで、リースバックの条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート

家を売って賃貸で住み続けられる!リースバックサービスを比較検討する