リ・バース60の評判は?「怖い」「やばい」と言われる理由と真偽

家に関する評判や口コミ

老後の資金調達手段が多様化する昨今、「リ・バース60」という60歳以上を対象とした借入が人気です。年々利用者が増える一方で、実は、よくない噂も耐えません。

今回は、「リ・バース60」の評判について解説します。ネガティブな意見がある理由やその真偽、さらに、別の資金調達についてもあわせて紹介します。

リ・バース60の仕組みと特徴

まずは、「リ・バース60」がどんなサービスなのか紹介します。

自宅を担保に資金を借り入れ、生前は利息のみ返済する

「リ・バース60」は、住宅金融支援機構により提供されているローン商品です。

自身が所有する不動産を担保に資金を借り入れますが、生きているうちは利息のみの返済で良いことが多いです。元金は亡くなった後に、担保不動産を売却して返済するかして、相続人が返済します。

いわゆるリバースモーゲージの一種といえますが、リ・バース60ならではの特徴もあります。

リ・バース60は、高齢になってからの住まいの問題を解決するためのもので、借り入れた資金の使い道は住まいに関するものに限定されています。具体的には次のような用途に使えます。

  • 住宅の建設・購入資金
  • 住宅のリフォーム資金
  • 住宅ローンの借り換え
  • サービス付き高齢者向け住宅の入居一時金
  • 子や孫への住宅資金の援助

生きている間は金利相当分だけを返済するのが基本的な仕組みですが、元金を繰り上げ返済してもかまいません。

借り入れた本人が亡くなった時点で、相続人が元金の残りを一括返済するため、物件を売却します。このとき、売却益を上回る残債があると、本来は相続人が返済するのですが、「ノンリコース型」というプランでは、残債の返済が不要です。

そのかわり、ノンリコース型は、そうでない場合より金利が高くなっています。

関連記事:
住宅ローンが払えない場合の、競売のリスクと「リースバック」という解決策

リ・バース 60の審査の内容・期間

リ・バース60は原則、「60歳以上」の人が利用できます。(50歳以上から利用できる「リ・バース50」という商品もあります)

ローンですから、利用するには審査を受けなくてはなりません。

担保となる不動産の評価額だけでなく、借り入れる本人の収入なども審査の対象です。基準は、年収に対してリ・バース60を含むすべての借り入れの年間返済額が以下の割合であることです。

年収400万円未満の場合合計返済額が年収の30%以下
年収400万円以上の場合合計返済額が年収の35%以下

審査に要する期間については、公式サイトには特に記載がなく、取扱金融機関によると思われます。一般的な住宅ローンの審査は、本審査で2週間程度というところが多いので、それに準ずるものと考えておくといいでしょう。

リ・バース60の取扱金融機関

リ・バース60は、取扱金融機関を通じて申し込みます。実際に融資を行うのはそれぞれの金融機関です。

取扱金融機関は、リ・バース60の公式サイトに一覧があります。三菱UFJ、りそな、三井住友といった大手都市銀行をはじめ、多くの地方銀行でも取り扱われています。

(参考:取扱金融機関|リ・バース60

なお、いくつかの金融機関では、独自の「愛称」をつけて提供しています。例えば、りそな銀行のリ・バース60は「あんしん革命」です。

利用可能な年齢上限や金利といった条件は、取扱金融機関によって異なります。利用にあたっては、資料請求などを行って金利比較などをし、検討するのがいいでしょう。

老後資金ならリースバックもおすすめ。気軽に一括お問い合わせしてみましょう!

一括問い合わせスタート

リ・バース60は危険と評判? その背景とは

インターネットでリ・バース60について調べていると、「リ・バース60はやばい」「怖い商品なので安易に手を出すのは危険」などといった評判を目にすることがあります。

リ・バース60にはどんなリスクがあるのでしょうか?

残債が残り、実家を失うというリスクを恐れる人が多い

通常、住宅ローンは、金利と元本を決められた期間を通じて返済していきます。それに対して、リ・バース60は「融資終期(借入期間)」が決まっておらず、その間、金利だけの返済が続きます。そして、借りた人が亡くなった後に、相続人が元本を返済しなくてはなりません。

この仕組みを、相続人の立場から見ると、「親が借金を残した」ととられかねません。

リ・バース60の利用には相続人の同意が必要なため、「勝手に借金をつくられた」わけではありませんが、やはり、相当額の債務を負うプレッシャーはあるでしょう。

もちろん、元金は、物件を売却することによって精算できるのが前提です。

しかしこれもまた、相続人の立場から見ると複雑に感じられます。親の持ち家というのは、相続人である子にとっては自分が生まれ育った「実家」でもあります。

特に注意したいのが、物件を売却したとしても、売却額が元本よりも少なく、残債が残ってしまう場合です。

つまり、ケースによっては、

「親が借金を残し、実家を手放すはめになったのに、それでもまだ借金が残った」

と言えるような状況になります。これだけを見れば、「やばい」「怖い」と感じる人がいるのも頷けるのではないでしょうか。

関連記事:
リ・バース60のデメリットとは?利用に向かない人におすすめの老後資金調達

仕組みとリスクを正しく理解し、適切な利用を

しかしながら、そのような見方は、若干、怖がりすぎと言えるかもしれません。

お伝えしたように、リ・バース60の利用は、相続人である子も同意したうえで行うものですし、審査もあれば、金融機関の担当者による説明もきちんとあります。

また、よく誤解される点ですが、物件を売却することは実は義務ではありません。元本が返済されさえすればよいので、生前に繰り上げ返済もできますし、子が家を売りたくないと思えば、現金などで返済して、家を手元に残すことも可能です。

大きなリスクとしてある、売却後の残債ですが、これについても、リ・バース60には、リコース型とノンリコース型があり、ノンリコース型を選択すれば、金利が高くなる代わりに、売却後の残債は返済しなくてよくなります。

だからといってリ・バース60が絶対に良い、というわけでもありません。

金融商品は、それぞれに特徴や一長一短があり、自身の目的や、状況に合わせて適したものを選ぶべきです。やみくもに怖がるのも適切ではないですし、どんな場合にも素晴らしい商品もないのです。仕組みを正しく理解することが大切です。

資金を自由に使うならリースバックがおすすめ。比較するためにも複数社に問い合わせてみましょう。

一括問い合わせスタート

「リ・バース60」と「リースバック」、違いを比較

老後の資金調達ならば、「リ・バース60」以外にも便利なサービスがたくさんあります。その代表的なものが「リースバック」です。

自宅を活用した資金調達「リースバック」とは?

リースバックとは、所有する不動産を活用した資金調達の方法です。

リ・バース60と似ていますが、違う点も多々あるので、比較してみましょう。

リースバックは、自宅不動産などの物件を売却し、売却益を手にした後、物件の買い手との間に賃貸契約を結んで、自身は物件に住み続けるという仕組みです。リ・バース60のような借り入れ(ローン)ではなく、不動産の売却と賃貸契約をセットにした資金調達の方法といえます。

物件を売却するという点は同じですが、以下の点で違います。得られるお金も、まったく性質が違います。

売却の目的資金の性質
リ・バース60死亡後に元本返済のために売却する借入金
リースバック最初に売却益を得るために売却する売却益

リースバックの利点を、リ・バース60との比較で述べると、次のようなポイントが挙げられるでしょう。

  • 借り入れではないので本人の審査がない
  • 金利負担がない
  • 資金の使い道に制限がない
  • 物件に住み続けられる

「リ・バース60」と「リースバック」の選び方

リースバックの特徴を踏まえて、どんな人におすすめなのか、考えてみます。

次のような人は、リ・バース60よりもリースバックのほうが向いていると言えるでしょう。

生活費としてのお金が必要な人

お伝えしたように、リ・バース60の借入金は、住まいに関することに使い道を限定されています。生活費や、その他の用途でお金が必要な人にはリ・バース60は適しません。

年金収入が少ない人

リ・バース60は借り入れ(ローン)であるため、本人の収入も審査されます。リ・バース60の利用者は60歳以降ですから、年金生活者も多いのですが、一定の審査基準がある以上、受給する年金額が少ないと審査が通りにくいです。その点、リースバックは借り入れではないため、審査の心配は少ないでしょう。

子どもに務を遺したくない人

リ・バース60をリコース型で利用すると、子どもに残債が残る可能性があります。リースバックは借り入れではないので、債務にはなりません。

物件を手放したくない人

リースバックは物件を売る仕組みなので、その意味では最初に手放しているのですが、そのまま使用し続けることはできます。リ・バース60が、元金返済のために物件を売ることが多いのに対して、リースバックであれば、リースバックをした親が亡くなった後も、子が賃貸契約を承継すれば、賃貸の住まいとしてそのまま住み続けることができます。

結局どうすれば良いのか

現在自宅を所有している人は、資金調達の選択肢としてリースバックを加えましょう。その場合、検討しているそれぞれの方法で、「いくらの資金を調達できるのか」、調べておくことが大切です。

リースバックでは、依頼する会社によって売却金額に差があります。まずは査定をしてもらい、それから判断をすると良いでしょう。

リースバック提供会社への一括問い合わせで、条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート