リースバックで相続対策|争続、相続税の納付問題、空き家トラブルを防ぐ

相続財産に関連した書類

リースバックには、相続対策として活用できる側面があります。

大きなポイントは、不動産を現金化できることです。
自宅を現金化しないでそのまま相続する場合、トラブルの原因になるおそれがあります。相続対策としてのリースバックについて、わかりやすく解説いたします。

まずはリースバックについて理解しましょう!

リースバックとは?

リースバックが相続対策になる理由

リースバックとは自宅を売却してからも賃貸として住み続ける不動産取引のことです。資産を現金化することで、さまざまな遺産相続トラブルを未然に防ぎます。

分割できない不動産の相続トラブルが起こらない

相続する遺産の分配は、遺産分割協議で話し合って決められます。しかし遺産分割協議は、全てがスムーズに行われる訳ではありません

遺産が現金や預貯金、株券など分割しやすいものだけであれば話はまとまりやすいですが、遺産が分割困難な不動産の場合、分配の話し合いが不調に終わるケースが見られます。

しかしリースバックで自宅の不動産が現金化されていれば、そういった相続トラブルを避けることができます

不動産が空き家になるリスクを避けられる

相続が思うように進まず、不動産を複数の相続人で按分して登記してしまうと、特にトラブルが起きやすくなります。

不動産の売却はすべての所有権者の同意が必要なため、所有者が多いと売却価格などで折り合いがつかず、結局は「空き家」として放置されることが多いのです。そして空き家になってしまうと、別の問題が起こりえます。

例えば、空き家で火災が起きた場合です。管理責任が所有権者全員にあるため、放置している場合は所有権者全員に対して重過失ありと判断される可能性があります。そのほか、雑草の放置による近隣クレームや、違法ゴミが捨てられるなど、空き家を所有していると気が休まりません。

不動産をリースバックで売却して現金化することで、相続のときに分割しやすくできます。複数の相続人がいる場合は、このように資産を分割しやすくする配慮が必要です。

相続人がいない場合はレジャー資金に

相続人がいない場合には、自身が亡くなった後に自宅を残す必要がありません。また、自宅を残したとしても最終的には国庫に帰属します。

リースバックを活用することで、慣れ親しんだ自宅に賃貸として住み続けながら、売却代金を得ることができます。そのお金を老後資金として使ったり旅行や交際費などに充てたり、自由にすることができます。
また、近い将来、老人ホームや高齢者向け住宅への入居を検討しているのであれば、そのために必要な一時金にすることもできるでしょう。

一括問い合わせで、リースバックの条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート

リースバックによる相続税の納付対策

リースバックは、相続税を納めるときの問題を解決できるのも大きなメリットです。

生前に自宅を売却してリースバックする

相続財産として不動産を残す場合、相続人は資産価値(相続税評価額)に応じた相続税を現金で支払わなければなりません。しかし、経済状況によっては納付のための現金を準備することが難しい場合もあります。

リースバックは、売却した自宅を賃貸として住み続けるというものなので、相続発生時に不動産に関しての相続税は発生しません

相続後に自宅をリースバックして相続税を納付

相続した人が自宅をリースバックするケースもあります。

相続税には納付期限があり、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。相続した不動産の売却を想定していたとしても、その期限内で売却を完了させられないこともあります。

そういった場合は相続した不動産を売却するのではなく、相続した人の自宅をリースバックで売却して相続税を捻出する方法もあります。リースバックを利用すれば、自宅を売却して資金を捻出した後も生活環境は変わりません。

一括問い合わせで、リースバックの条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート

リースバックのメリット


リースバックには大きなメリットが3つあります。

  • 借金をせずに資金調達できる
  • 住み続けながら住居を現金化
  • 不動産を維持するコストがなくなる

借金をせずに資金調達できる

病気になった際の医療費などで、資金調達を考えている方は多くいます。無担保のローンやカードローンなどありますが、金利が高く、利息の支払いでも大変な場合があり、多重債務に陥ってしまうことも考えられます。
不動産を担保にローンを組むことで、低金利でローンを組めますが、借金になってしまいます。

リースバックは、不動産を売却してまとまった資金を調達することができます。さらに、リースバックをした物件を買い戻すこともできます

住み続けながら住居を現金化

不動産を売却してお金を得る方法として、不動産買取と不動産売却の仲介があります。
どちらも自宅の退去が必要ですが、リースバックであれば、住み慣れた我が家を離れることなく資金を調達できます

不動産を維持するコストがなくなる

リースバックをすると、不動産の所有権が不動産会社に移ります
自宅を所有している場合は住宅ローンの支払いを終えても、固定資産税などの維持費がかかり続けます。しかしリースバックであれば所有権が不動産会社になるため、諸々の維持費がなくなり、支払いは月々の家賃と光熱費だけになります。

一括問い合わせで、リースバックの条件を比較しましょう!

一括問い合わせスタート

家を売って賃貸で住み続けられる!リースバックサービスを比較検討する